しし肉を始めとする、獣肉の食用摂取については、かなり古くから食されていた事が、

古代の遺跡・遺構等から獣の骨が出土する事や、文献等から確認されています。

古来の日本では、仏教の伝来以降[肉食の禁忌]とされていましたが、地方の里山等では

貴重なたんぱく源として、食されていたようです。

[肉食の禁忌]が解かれた、江戸時代の後期には郊外で捕獲された獣肉が、利根川を

利用して、江戸へ運ばれ食されていた様で、今も東京両国で営業をされる『ももんじや』は

当時の〔ももんじ屋=百獣屋〕からの屋号の様です。

このお店で提供されるのは「猪鍋」で、関西で言う「すき焼き」の様に、割り下で煮込んで食べます。

明治に入ると「牛鍋」が大衆にも浸透し、肉食の文化も浸透していきます。

明治末期ごろには、篠山に駐屯する「歩兵第70連隊」が、銃の訓練の際に捕獲した”猪”を

味噌汁の具材として配給を始める。

それを聞きつけた、街の料理屋が軍の将校向けに鍋料理としたのが「いの鍋」として根付いたと言われています。

これが、今の【 ぼたん鍋 】の起源と言われています。

右の浮世絵は

歌川広重の「 名所江戸百景 」より

「 びくにはし雪中 」を描いた浮世絵です。

現在の東京 有楽町京橋の下を流れる京橋川に

掛っていたと言われています。

この絵の手前左側に

「 山くじら 」と書かれた看板が、

雪景色の中に描かれています。

「 山くじら 」とは猪の肉のことです。

今とは違って、庶民の味として親しまれていた様です。

この時代、獣肉食は禁止されていたので

鯨の一種と言う風に逃れて、食されていた様です。

 

また、向かいには「 〇やき十三里 」の看板が
あります。

栗(九里)より(四里)美味しい

さつま芋を丸焼きにして売っていたので

「 十三里 」と洒落た店名をつけていたと言われています。

今でいう、[ 焼き芋屋さん ]ですね!

しし肉を皿に盛りつけた様が、牡丹の花に似ているから、その名がついたと言われるのが、一般的ですが、

実際には後付けの様です・・・。

 

昭和の初めころ、現在の篠山商工会の前身「篠山実業協会」が新たな民謡として「篠山小唄」を作ろうと、

その歌詞を公募しました。

当時、篠山新聞の編集者であった、斎藤子効氏の歌詞が採用されるのですが、

その歌詞の中で、初めて「ぼたん鍋」と言う言葉が登場するのです!

 

斎藤氏のお話では、当時篠山で食べられていた「いの鍋」を歌詞に入れようと考えたが、

七五調の歌詞には語呂が悪く、非常に悩んだそうです。

思いついたのが[唐獅子牡丹]“しし”と“ぼたん”の語呂合わせで[ぼたん鍋]としたそうです!

 

その後に、篠山の老舗料理店の店主が[ぼたん鍋]の提供を始めるのですが、今の様に

大皿に美しい[牡丹の華]が咲いていたそうです・・・。